カードローンと学生ローンの違い

カードローンと学生ローンの違い

旅行で磨く

旅行なら社会人になって、もっと大人になってしなさいと言うかもしれません。確かに、社会人になれば、お金を一杯稼いで、旅行へ行く余裕も生まれるでしょう。

しかし、今度は、ビジネスマンたちは時間が全然ないのです。あんな長い夏休みがあって、貧乏だからと言って、何もしないというのは正しい方法でしょうか。

旅行とはいろいろな出会いなのです。いろいろな人と出会い、いろいろな出来事と出会い、いろいろな空気と出会い、いろいろな時間と出会うことができます。そのような意味では、その生活に留まっている時間とはかなりマンネリ化した空気が漂っています。そのような空気につかってばかりいても、 人間という存在は錆ついてしまうだけです。新しい人間は、やっぱり前向きな新しい世界について知る必要があるのではないでしょうか。

学生さんなので、やっぱりそれでも無限にお金がある訳ではありません。お金がないのなら学生ローンで借金をするというのも方法です。しかし、学生ローンは返済をしなければならないですし、計画性もって利用する必要があります。

そのために学生ローンのような少額貸し出しには大きなメリットがあります。それ以上借り入れしたいと思っても、貸し出しはしてくれず、その間は返済に集中しなければなりません。

旅行したい

学生さんの人たちは借金などするものではないと言います。もっと大人になってお金の理解度が深まって、責任を持つことができるようになれば、消費者金融のカードローンでもなんでもしなさいと言います。

しかし、学生さんの方がお金を必要としていることも多くの方々は知っているはずです。貧乏学生という言葉もあり、学生さんは、貧乏によって学ぶことが一杯あるというのも正解かもしれません。貧乏は貧乏で、学生ならでは貴重な体験です。しかし、そういえば貧乏学生という言葉も最近ではあまり聞かなくもなっているのではないでしょうか。

それは、アルバイトでお金をガンガンに稼いでいる学生さんも多くおり、消費者金融のカードローン、キャッシング、学生ローンがしっかりサポートしてくれているせいかもしれません。

決して、学生さんは貧乏であれば良いということではなく、貧乏であることで、みすみすいろいろなチャンスを逃してしまっている可能性があります。旅行もその一つではないでしょうか。可愛い子供には旅をさせろと言います。しかし、旅行だってお金がなければできないですし、お金を持っているというのならやっぱり社会人の方です。しかし社会人になれば、今度は時間がないのです。

アルバイトをしている

学生の人たちは、本来は仕事をしないで勉強だけ頑張っている人たちととらわれがちです。しかし、そのような学生の人たちに、学生ローンはお金を貸し出ししてくれる訳ではありません。

学生さんも生活をしていかなければなりません。そのために、お母さんやお父さんから仕送りを受けて、全部生活を賄うことがでればベストです。しかし、お母さんお父さんもそれでは生活が大変で、この不況のご時世、ほとんど無理です。だから、生活をするために、ほとんどの人たちがアルバイトをしているというのが現状です。

そのような人たちをしっかりサポートしてくれるのが、学生ローンと考えるべきでしょう。学生ローンは、18歳以上の大学生・専門学生が対象者となるので、高校生の人たちは利用することができません。

学生さんが消費者金融のカードローンを利用することも決して不可能なことではありません。学生ローンの場合は、18歳以上の安定した収入がある人たち対象であり、 カードローンは20歳以上ということであり、それでもまだ消費者金融のカードローンを作る年齢に達していない人たちもいます。20歳を超えている場合はカードローンという選択もありなのかもしれません。

学生ローンとは

消費者金融のカードローンの方がいろいろ情報がインターネットにも流れていて、判りやすいという人たちもいます。今時、一般的なのもやっぱり消費者金融のカードローン、キャッシングの方です。

学生の人たちも、お金を借り入れしたい時には、消費者金融の方に目を向けてしまうのかもしれません。 それは正しい選択なのでしょうか。学生さんのためには学生さんのための学生ローンが存在しているからです。

そこにはデメリットもあるかもしれません。同時に追求してみましょう。カードローンは銀行や消費者金融が提供しているキャッシングサービスです。基本、担保や保証人を必要としない「無担保ローン」です。信用情報や属性、収入によって貸し出しの金額が変わってきます。

カードローンには、銀行が発行しているものと、消費者金融が発行しているものがあり、基本、消費者金融の場合、総量規制の対象であるということも意識する必要があります。年収の3分の1以上は貸し付けをしてはいけないと言う法律があり、自分は収入がゼロという人たちは、お金を貸し出ししてもらうことができません。

学生の人たちのためのローンがどのようなものかといえば、カードローンの一種なのですが、 対象年齢や客層が違う消費者金融程度に捉えておきましょう。

学生の人たちは一般的には、仕事をしてません。学生の人たちのためのローンは、仕事をしてない人たちに貸し出しをするローンではなくて、やっぱり総量規制があり、アルバイトをしていることが必須です。