カードローンと学生ローンの違い

カードローンと学生ローンの違い

アルバイトをしている

学生の人たちは、本来は仕事をしないで勉強だけ頑張っている人たちととらわれがちです。しかし、そのような学生の人たちに、学生ローンはお金を貸し出ししてくれる訳ではありません。

学生さんも生活をしていかなければなりません。そのために、お母さんやお父さんから仕送りを受けて、全部生活を賄うことがでればベストです。しかし、お母さんお父さんもそれでは生活が大変で、この不況のご時世、ほとんど無理です。だから、生活をするために、ほとんどの人たちがアルバイトをしているというのが現状です。

そのような人たちをしっかりサポートしてくれるのが、学生ローンと考えるべきでしょう。学生ローンは、18歳以上の大学生・専門学生が対象者となるので、高校生の人たちは利用することができません。

学生さんが消費者金融のカードローンを利用することも決して不可能なことではありません。学生ローンの場合は、18歳以上の安定した収入がある人たち対象であり、 カードローンは20歳以上ということであり、それでもまだ消費者金融のカードローンを作る年齢に達していない人たちもいます。20歳を超えている場合はカードローンという選択もありなのかもしれません。